PET検診

患者さん・市民の方へ

 PET検査とは

 陽電子放射断層撮影装置のことで、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー[PositronEmissionTomography]の略語です。X線CTのような形をした「カメラ」を用いて全身や心臓、脳などにおいて、病気の原因や病巣、病状を的確に診断する新しい検査法です。

 検査では、まず、陽電子(ポジトロン)を放出する検査薬(おもにブドウ糖と結合させた18F-FDG)を静脈から注射します。その陽電子が、体内のブドウ糖を過剰に摂取する細胞(代表的なものはガン細胞になります)から放出されたガンマ線を見つけ出します。それを「カメラ」でスキャンすると、その部分が光って見えるためガンの早期発見が可能となります。
 ガン細胞は正常な細胞に比べて約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があり、その細胞の性質を利用して、PET検査では主にガン健診として利用されます。

※1)陽電子(ポジトロン)
正(プラス)の電荷をもった電子のことです。
この陽電子は、負の電荷を持つ普通の電子と互いに引き寄せ合う性質があります。
二つの電子の結合時に正反対へ放出される放射線を「カメラ」で撮影すると、その発光の様子が画像で映し出されます。

※2)18F-FDG
グルコース(ブドウ糖)に目印となる「ポジトロン核種(=陽電子放出核種)」を合成した薬剤です。
正式名称はフルオロデオキシグルコースといい、性質はブドウ糖とほぼ同じです。

※3)ガンマ線
放射線の一種でエネルギーが高く、物を透過する性質があります。

 がんは、実際に腫瘍(デキモノ)ができたり、体に変化が起きてから見つかることが多く、がん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見できませんでした。
 しかし、がん細胞自身が光って自分の位置を知らせることが出来れば、もっと早い段階で見つけることが可能です。「がん細胞に目印をつける」というのがPET検査の大きな特徴です。
 PET検査では、がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用します。ブドウ糖に似た物質に目印をつけて(FDG)体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。するとFDGが多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。
 従来のレントゲン(X線)やCT、MRIなどの検査は形からがんを見つけますが、PET検査はこのように細胞の性質を調べてがんを探し出します。


 PET検査の特長

早期発見

従来の検診では発見しにくかったがんを発見することができます。
 がん細胞は、正常な細胞よりも盛んに活動し、エネルギー源としてのブドウ糖をたくさん必要とします。この特性を利用し、ブドウ糖によく似た薬剤18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)を静脈から注射すると活動が盛んな病巣に集まってきます。
その様子をPETカメラで撮影して画像化すると、がん細胞があるかどうかが分かります。
がんの成長

がんの種類によって異なりますが、多くのがん細胞は約10~20年の長い年月をかけて成長していきます。その後急に成長を早めます。
この増殖をはじめる前にPET検査によって早期発見し、早期治療をしていきます。

40分で全身スクリーニング

 PET検査は1回で全身の検査ができます。そのため予想外の発見や転移の有無なども調べることができます。
 恐ろしいのは、他へ転移したり、治療後に再発してくる場合があることです。
 PET検査では一度に全身のチェックを行なうことが出来るので、こういった転移したがんを発見することにも力を発揮します。
 また、腫瘍細胞がブドウ糖を集める量(がんの活動量)と、病巣から検出する放射線の量は相関するため、PET検査は、がん細胞の悪性度を反映してくれる検査でもあります。

細胞の悪性度を診断

 PETでは細胞の活動状態を視覚的にとらえ、がんを発見し、しかも、腫瘍の性質の推測もできます。
 PET検査の結果によって、微小であっても悪性度の高いものであることが分かれば、手術の範囲を広くしたり、抗がん剤を併用するなど、それぞれの状況に応じた治療方針に早いうちから変更することが可能となります。
 また、治療中のがん細胞は、死滅する前に活動性が低下してくるので、PET検査によって、放射線治療や化学療法による効果の判定が今までよりも早い時期に診断が可能となります。これによって、次の段階における治療方針を早く決めることができるようになります。

がんの広がり(病期)の診断

広がりの程度(病期)の診断ができます。
それによって、治療の選択が決まってきます。

治療効果の判定

治療の効果の判定ができます。
抗がん剤や放射線治療の効果が判定できます。

転移・再発の診断

転移・再発が判定できます。

安全度の高い検査

 PET検査は胃のバリウム検査よりも低い被爆量です。尿の排出などで翌日にはほとんど体内に残りません。しかも副作用の心配もありません。
 従来までの苦痛や不快感を伴う検査と全く違い、着衣のままベッドに寝ているだけの苦痛のない検査です。カメラは、真ん中に丸い穴のあいた装置ですが、大きな音もせず、狭くもありません。30分程度の撮影時間の間、ベッドで安静にしていただきます。
 また、被爆量はX線検査よりも低い被爆量です。18F-FDGもブドウ糖に似た物質で、人体への悪影響はありません。また、この物質の半減期は110分ですので、約2時間後には半分に減少し、尿からの排泄もあって、翌日には放射性物質がほとんど体内に残りません。
安全度の高い検査

PET検査による画像例

PET検査による画像例はこちらから


 PET検査Q&A

PET検査Q&A

Q1.PET検査とは?
PET(ペット)検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、X線CTのような装置で、心臓や脳などの働きを断層画像(輪切りの断層と縦切りの断層があります。)としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法です。この検査では、ポジトロン(Q2を参照)を放出するくすりを、静脈から注射したり、呼吸により体内に吸入していただきます。くすりが体の中を移動して、心臓や脳などからだのいろいろなところに集まる様子を、からだの外から「PET装置」で撮影します。検査の目的に合わせてくすりを選ぶことにより、脳や心臓、がんなどの診断ができるのです。
Q2.ポジトロンとは?
PET(ペット)検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、X線CTのような装置で、心臓や脳などの働きを断層画像(輪切りの断層と縦切りの断層があります。)としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法です。この検査では、ポジトロン(Q2を参照)を放出するくすりを、静脈から注射したり、呼吸により体内に吸入していただきます。くすりが体の中を移動して、心臓や脳などからだのいろいろなところに集まる様子を、からだの外から「PET装置」で撮影します。検査の目的に合わせてくすりを選ぶことにより、脳や心臓、がんなどの診断ができるのです。
Q3.ポジトロンを放出する元素にはどんなものがありますか?
ポジトロンを放出する元素は、「ポジトロン核種」と呼ばれ、放射性同位元素(※)の仲間です。これらは、半減期(寿命)が短いため、病院内のサイクロトロンという装置で造られます。ポジトロン核種には、表-1に示すような種類があり、小型のサイクロトロンで造った18F(フッ素-18)、15O(酸素-15)などのポジトロン核種が、PET検査に多く用いられています。

※放射性同位元素の「同位元素」とは、同じ位置にある元素という意味で、化学的に同じ性質をもっていますが、質量が異なるもののことをいいます。

表-1 ポジトロンを放出する元素の種類
ポジトロン核種 半減期※ 製造方法
11C炭素-11 20分 小型サイクロトロン
13N窒素-13 10分 小型サイクロトロン
15O酸素-15 2分 小型サイクロトロン
18Fフッ素-18 110分 小型サイクロトロン
62Cu銅-62 10分 ジェネレーター
68Gaガリウム-68 68分 ジェネレーター
82Rbルビジウム-82 75秒 ジェネレーター
※半減期とは、放射能の強さが半分に減少するまでの時間で、炭素-11ならば、20分で1/2、40分で1/4になってしまいます。
Q4.用いられるくすりにはどんなものがありますか?
人体が必要としている酸素、水、糖分、アミノ酸、脂肪酸、核酸、神経伝達物質などに、ポジトロン核種を標識(※)した化合物が、PET検査に用いられるくすりの正体です。 検査の目的に応じた化合物を「注射剤」や「吸入剤」の形に調製します。これらのくすりを、静脈注射や呼吸によって体内に取り込むことによって、PET装置で断層像が撮影できるのです。

※「標識」とは、目印になるポジトロン核種を化合物の一部に組み込んだり、置き換えたりすることです。標識された化合物からは、ポジトロンが放出され、そのポジトロンと電子がぶつかって放射線が出ますので、これをPET装置で検出することができるのです。
Q5.使われるくすりはどのようにつくられるのですか?
PET検査用のくすりはきわめて半減期(寿命)が短いので、病院内にある専用の施設でつくられます。その施設では、まず、サイクロトロンと呼ばれる装置で ポジトロン核種を製造し、できたポジトロン核種を種々の方法でくすりの元となる化合物に標識して、目的の「くすり」をつくります。そして、純度試験や無菌 試験を行い、合格したくすりを実際のPET検査に用いるのです。
Q6.脳のPET検査では何がわかるのですか?
脳は血流により運ばれたブドウ糖や酸素を大量に消費しています。また、脳には神経細胞の間で情報を交換するための神経伝達物質や神経受容体といわれるものがあります。
脳の血流やエネルギー代謝は、神経細胞の活動が盛んな部位で高く、活動が衰えた部位では低くなります。PET検査では、ブドウ糖や酸素の代謝をみることによって、脳の局所の機能がわかります。また、神経受容体の状態などもみることができます。
Q7.心臓のPET検査では何がわかるのですか?
心臓は、24時間休まずに全身に血液を送る大切なポンプの役目を果たしています。そのため心臓の筋肉には多くの血液が流れ、たくさんのエネルギーが消費されています。
PET検査によって、心臓の筋肉の血流が鮮明な画像として得られます。これにより正確に心臓の異常を見つけることができます。また、心臓の筋肉に必要なエネルギーの利用の程度をみることもできます。
Q8.がんのPET検査では何がわかるのですか?
がん細胞は正常の細胞よりも分裂が盛んに行われるため、グルコース(糖分)がたくさん必要とされます。そのため18F-FDGというくすりを静脈から注射しますと、がんの病巣にたくさん集まります。その様子を、PET装置で身体の外から撮影しますと、がんがどこにあるのか(存在の有無)、その大きさはどのくらいか(病巣の大きさ)がわかります。
PET検査で正確な診断ができると治療法や治療範囲を決めるのに大変役立ちます。特に予想外の病巣を見つけることで、治療範囲を正しく決められます。
Q9.検査前の注意事項は?
糖の代謝を正しく診断するためには、検査当日の朝食から、絶食をしていただく必要があります。水や砂糖無しのお茶は飲んでも良いのですが、甘いものは避けてください。お菓子も、検査が終わるまでがまんしていただきます。
くすりを注射してから撮影までのあいだは、できるだけ安静にしていてください。
筋肉を使うとくすりが筋肉に集まってしまいますので、特にがんの診断のときには、診断が難しくなる場合もあります。また、検査の直前には、膀胱内にあるくすりの代謝物を排出するために、排尿をしていただきます。
Q10.判明するがんは?
18F-FDGのPET検査は、ほとんどのがんの診療に有用です。肺癌や大腸癌、食道癌、膵癌などの消化器系の癌、子宮癌、卵巣癌などの婦人科系のがんや甲状腺癌、乳癌、悪性リンパ腫や骨腫瘍、悪性黒色腫などの診断にも役立ちます。
Q11.転移したがんは?
この検査はがんの転移をみつけるのに大変役立ちます。がんは、転移のあるなしによって、治療法が変わりますので、この検査は有用です。前立腺癌では、原発 巣が膀胱と重なり、よく分からないことがありますが、膀胱と離れた骨に転移すると、膀胱と重ならないのでPET検査でよくわかります。
Q12.PET検査が不得手なのは?
18F-FDGを用いるPET検査も、すべてのがんで役立つわけではありません。このくすりは腎臓を経て尿に排泄されます。したがって、腎臓とか膀胱にがんがあっても、よく分かりません。Q11でも述べたように、前立腺癌でも膀胱との区別が難しいのです。
また、肝臓癌、胃癌、前立腺癌は超音波検査や内視鏡検査などの方が、PET検査より有用なことが多いようです。このように、PET検査が適しているものと適していないものがあります
Q13.がんの早期発見に役立つのですか?
大変役立ちます。しかし、すべてのがんがPET検査のみで早期発見できるわけではありません。PET検査で見つかるがんもありますし、これまでの超音波検査、X線CTや内視鏡検査やその他の検査法とPET検査を組み合わせることも必要です。
Q14.腫瘍の良性か悪性かの診断に役立つのですか?
悪性の腫瘍では、18F-FDGの取り込みが高く、良性の腫瘍では18F-FDGの取り込みが低いことが多いようです。腫瘍への18F-FDGの取り込みの程度で、腫瘍の性質を診断するのですが、全ての腫瘍で悪性か良性かがきちんと鑑別されるわけではありません。
Q15.被ばくはどのくらいあるのですか?

PET検査では、ポジトロン核種を標識したくすりを静脈注射したり、呼吸によって吸入しますので、わずかですが放射線被ばくがあります。 たとえば、18F-フルオロデオキシグルコースというくすりを注射してPET検査を1回受けますと、およそ2.2mSv(ミリシー ベルト)になります。これは、人が地球上で普通に暮らしていて、大地からの放射線や宇宙線、体内にある放射性元素によって被ばくする平均的な被ばく線量で ある2.4ミリシーベルト(※)とほぼ同じ量です。

※国連科学委員会の報告書による世界平均の被ばく量です。

Q16.被ばくではどのような影響があるのですか?
2.2mSvという量では、急性の放射線障害が起きる可能性はいっさいありません。また、将来のがんの発生などを心配されているとすれば、その可能性もほ とんどないといえます。国際放射線防護委員会によれば、2.2mSv(※)の被ばくによって10,000人に1人が、将来がんで死亡する可能性があるとさ れています。これは、どんなに少ない放射線でもがんが発生する可能性があるという仮説に基づいて推定された確率ですが、実際にはこの線量で発がんが確認さ れた例はありません。また、特定の人が、そうなるという意味ではありません。結論としては、この程度の被ばくではほとんど心配ないということになります。

※一般には、放射線被ばくはできるだけ少なくするのが原則的な考え方です。しかし、医療の場合には、診療の結果、患者さんが受ける利益が、放射線の被ばくによる害を上回ると医師が判断した場合には、特定の被ばく限度を設けなくてよいことになっています。
Q17.健康保険で受診できるのですか?
平成20年4月現在では、健康保険を適用できるPET検査(ポジトロン断層撮影)は、「15O標識ガス剤を用いた場合」と「18F-FDGを用いた場合」の2種類です。なお、18F- FDGを用いた場合には、てんかん、虚血性心疾患、悪性腫瘍(脳腫瘍、頭頚部癌、肺癌、乳癌、膵癌、転移性肝癌、大腸癌、悪性リンパ腫、悪性黒色腫及び原 発不明癌、食道癌、子宮癌、卵巣癌に限る。)の診断を目的として、一定の要件を満たす場合に保険適用できることになっています。

「PET検査Q&A(2003年3月5刷)」より
(日本核医学会、日本アイソトープ協会 発行)

ご案内

Q1.どれくらい受診していますか?
当院では、約25,000人が受診しており診断の経験が豊富です。
Q2.がんが発見されたら
当院は、総合病院を併設しておりますので、即治療も可能です。又検査データは、受診者の方に全てお渡ししますので、かかりつけの病院で治療されても結構です。